安心して留学できる

指導

語学留学を検討する場合、どの国や地域が良いか、期間は何ヶ月か、どの程度のレベルまで習得したいかを考えます。語学の習得なので一定期間の滞在は必要です。しかし、予算も限られている場合が多いです。 この数年、語学留学先として、アメリカ、カナダ、オーストラリアは依然として人気がありますが、次いで注目を浴びているのがフィリピンです。 その理由はいくつかあります。 まず、圧倒的に物価が安いです。語学留学にかかる費用のうち、学費や教材費は国によって大差がないとしても、家賃を含む生活費は大きく変わります。滞在期間が長ければ、それだけ負担がかかります。もし、生活費を節約できれば、その予算を学費に充当でき、滞在期間を延長できます。 他にも、フィリピンが優れている理由はあります。

フィリピンの公用語はタガログ語ですが、長い間、他国の統治下にあった影響と、観光地として産業が発展しているため、英語が第2公用語になっています。実際に、日本語だけの日本と比べると、英語の使用頻度は高く、商業地では英語が通じることが多い国です。したがって、語学留学先としての資質は申し分ありません。 また、フィリピンは常夏の国であり、1年を通して平均30度の温暖な気候です。現地で季節の変わり目を心配する必要がありません。 また、日本からは飛行機で4時間程度の距離で時差は1時間しかありません。これは生活のリズムを狂わすことがなく、有利と言えます。 懸念されるのは、治安の問題です。発展途上にあるフィリピンの本土は確かに治安が良いとは言えないかもしれません。しかし、フィリピンの中でもセブ島やボホール島は治安の問題もありません。セブ島などには、大型の商業施設があり、生活全般に不自由することも少ないです。そして、語学留学に適した学校や教育機関もあります。